大地震での非常時、助けになるのが防災ボランティアなの?

未曾有の大地震と言われた東日本大震災がありました。
まだあなたの記憶にも新しいと思います。
(涙)この大地震で多くの命を失いました。
そして、街は大打撃を食らいました。
そんな時に大変助けになっているのが防災ボランティアと言う存在になります。
(笑顔)今までボランティアに関心を寄せなかった人達まで何かできることがあいかとボランティア活動に関心を寄せているくらいです。
まずボランティア活動をする場合は、マニュアルはありません。
それが望まれます。
実際に被災地に行くと被災者の方々が遠慮したり警戒したりしている感じがあります。
その場にいる人にしか分かりませんが、何を欲しているのかニーズが分かりにくいことも多いですよ。
(汗)そのために遠くから来たボランティアの人達だけでなく、地域の人達と力を合わせて協力し活動することが大切です。
そうすることでニーズが自然と分かってくるようになると思います。
(笑顔)そして、被災地にある災害ボランティアセンターの殆どは、その地域の近隣の方々が中心となって運営しています。
その反面、その地元が被災した場合は、色んな対応に追われるようになるかもしれません。
ボランティアの人はたくさんいますよね。
その活動を円滑に行う為にコミュニケーションをちゃんと取ることも重要になってきます。
堅苦しく「○○さん」も良いですが、あえて「○○ちゃん」などニックネームとかちょっと砕けた呼び方にするとグッと親しみやすくなると思います。
それが今後の活動も雰囲気良く行いやすくなりますよ。
(笑顔)