介護休業給付金ってどういうものなの?

介護休業制度が導入されたことによって、家族の中で要介護者が出ますよね。
それで介護をしなければならなくなってしまいます。
(汗)仕事を続けることが困難な状態になってしまっても、介護休業を取得することで会社を辞めなくても介護のために長期休業を取得できるようになりました。
しかし、ここで心配になることがあります。
(汗)会社を辞めなくても良いとは言いましても、その間の給料が入ってこないと言うことになれば生活自体が困難になりますよね。
(汗)しかし、介護休業取得中は、介護休業制度上の規約で賃金と言うのは会社の方から支払われない、言い換えると、つまり収入が無いと言う事になりますよね。
(汗)大会社で福利厚生がしっかりしていている会社なら、その中には何%と言う会社もあるとは思います。
(汗)せっかく介護保険に40歳以上から加入して介護保険料を支払っているのに、介護保険料を支払っている意味がないと思ってしまいます。
そこで、そんな方達を救おうと創設されたのが、「介護休業給付金制度」と言う制度です。
これは介護休業制度を使用した人に一定の支給金を支払うと言う制度です。
この給付金の出所については、介護保険からではありません。
※雇用保険法により制定された制度になります。
雇用保険から支払われる形となります。
<給付金の支給条件について>雇用保険の一般被保険者である事、そんな条件があります。
(笑顔)それで一度調べてみると良いと思います。
(笑顔)