介護福祉士の試験をとるには?

介護福祉士の資格を取得する国家試験を受けるには、受験資格が必要となります。
この受験資格とは、「実務経験が3年以上・従事日数が540日以上を、筆記試験前日までに満たしていること」あるいは「学校教育法による高等学校の専攻科において、9ヶ月以上の従業期間。
従事日数が135日以上を筆記試験前日までに満たしていること」が条件となるのです。
つまり、卒業見込みがなかったり、実務経験の日数が足りていないと、どれだけ勉強したとしても試験を受けることすらできません。
ですので、試験を受けることを決めたら、この受験資格が満たされているかどうかを確認する必要があるでしょう。
足りない場合は勤務日数を調整したり、補修を受ける必要がでてきます。