リフォームローンの審査について調べるには?

リフォームローンの審査やチェックされる項目について詳しくみていきましょう。

まず、リフォームローンの審査は住宅ローンの一種なので融資を受ける時には一定の審査をクリアする必要があります。

しかし、リフォームローンはすでに一定の資産を保有している方を対象にしているため、審査基準はそんなに厳しくありません。

チェックされるポイントとしては、年齢・勤続年数・年収が主なチェックポイントです。

これも、そんなに厳しくはありません。

年齢は20~70歳までと長く、勤続年数も1~2年のところが多いです。

また年収も150~200万円あれば大体のところは審査に通るそうです。

なぜこんなにも審査基準が低く設定されているのかというと、家の所有者だけでなく家族などの同居している人がリフォームローンを申し込むことを考慮して設定されているからなのです。

また審査結果もリフォームローンは、普通のローンよりもかなり早く結果が出るというのが特徴です。

リフォームローンの金利というものは金融機関によってかなり異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しいと言われてます。

参考:リフォームローン審査通らない理由は?【審査基準甘い銀行!】

故に、残念ながら審査に落ちてしまい腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税の控除が可能です。

申告することによってその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり定められています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下という条件があります。

リフォームローン金利比較は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額など条件ごとに並び替えすることも可能です。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

支払に破綻のない返済額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプには2種類あって固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には完済するまで一定の金利が継続される長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があった可能性もあります。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

これらを整理することがまずは求められます。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年10月からは新商品である【楽天銀行などのフラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となる工事内容についてですが何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

利用者に関しても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税は自己申告制なので確定申告が必要となります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。