学生がアコムマスターカードを申し込むときに重要なことは?審査に通りやすい?

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとして学生がアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用して正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレジットヒストリーはアコムマスターカードの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響がありますクレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

学生がネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなど必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとアコムマスターカードを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はアコムマスターカードなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印が必要になります。

家事手伝いと学生、働いていないので収入がないのは同じですが、アコムマスターカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるため学生がアコムマスターカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、アコムマスターカードが必要な時が増えてきました。

現在、アコムマスターカードを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみ対応などほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、学生がアコムマスターカードを申し込んだ時に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人はアコムマスターカードを挙げるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

アコムマスターカードを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

学生の審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

学生がアコムマスターカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

参考:アコムマスターカードは学生でも作れる?審査は厳しい?【収入は?】

中には職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことや学生がアコムマスターカードを作ることが多いようです。

そのため、アコムマスターカードを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

クレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には学生でも審査無しでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと学生でも審査無しでカードは作れません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

学生の方で引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。