ETCカードの使い方は?

接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々の日常生活に浸透してきているsuicaやpasmoなどもそれにあたります。
チャージという方法で現金を預けておいて残金の範囲内でショッピングや食事などの支払が可能です。
現金を出して支払う必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。
ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違って前払いで入金しているので気兼ねなく使うことができます。
又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。
年会費無用の一般カードでも海外や国内旅行保険が付帯しているものが多くあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。
交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。
保険の限度額は海外旅行の方が国内よりも高いのが通例ですが、これは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。
ショッピング保険など物品に関する補償もありますが年間補償額○○万円、という規定を設けている企業もあります。
自動付帯か利用付帯か規定された条件によって異なりますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。
不景気はまだ続きそうなので日々節約は必須です。
日々の節約生活の中に是非取り入れて頂きたいのが、現金なしでも買い物できる1枚です。
支払い時にこれを使用するとカードポイントがどんどん蓄積されます。
蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。
ポイントを効率的に貯めるにはポイント還元率が良いもので支払いはその1枚にするのが一番貯まる方法です。
ショッピングの支払いの時にあると便利な物がクレジットカードです。
カードで会計を済ませれば現金を取りだす必要はありません。
現在では大多数の方が、高速を利用する際にはETCカード付きクレジットカードを利用しています。
色々な会社がクレジットカードを出していますが基本的に、カードは使えば使うほどカードにポイントが蓄積されます。
ポイントの使い道は色々ありますがポイントを使って請求額の支払いを少なくしたり沢山貯まったら欲しい商品と交換すると言った事も出来ます。

ETCカード地域限定の特別割引?旅行に行く前に【調べておくと便利】