レイクアルサATM以外の返却方法とは?

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる審査時間の長さや労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上を確保し、利益を上げています。

銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、一般的にはレイクALSAの金利の方が高いと言われています。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため必ずしもレイクALSAのほうが金利が高いとは言い切れません。

普通、レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

現在のレイクALSAのイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査時間の短さは非常に高いです。

審査にかかる時間が長いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的にレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

参考:レイクアルサの営業時間は?

レイクALSAのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で審査時間が短くお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものとレイクALSAのものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

レイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、レイクALSAのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査時間が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。